道場整備基金 と 受付中の寄付

概要
寄付金と支出の累計
受付中の寄付
  東大スポーツ振興基金
  赤門弓友会への直接の寄付
  赤門カードに入会する


概要

赤門弓友会の「道場整備基金」は、当初の応募期間を平成21年9月から平成23年9月までの2年間として始めましたが、その後、6か月間延長して、平成24年3月まで行われました。
この募金は東京大学学生部への奨学寄付金制度を使って行われました。募金額の10%が大学側で控除され、弓術部で使用出来るのは90%になります。

目標額25,000千円に対して、301名の方から14,973千円の募金が寄せられました(平成25年3月末現在)。募金はその後も寄せられて、15,000千円を超えました。

この道場整備基金は今までに、平成23年度の駒場浩然堂巻藁道場の新築(6,991千円)、同じく防矢ネットの設置(1,680千円)、平成24年度本郷育徳堂の巻藁テントの設置(644.7千円)、平成25年度は本郷育徳堂の勝手口・看的扉修理(556.5千円)、畳替え(160.65千円)、戸板修理(386.5千円)や駒場浩然堂の矢道植栽補修(178.5千円)、建物の大規模修理(1,499.4千円)、平成26年度は本郷巻藁テント改修(536.76千円)、矢箪笥修理(162千円)、平成27年度には育徳堂地下階段踏み板修理(114.48千円)などに使われました。平成28年度の支出はありませんでした。平成29年度は育徳堂トイレ改修に残額の1,130,700円全額が支出され、残額は0円となり「道場整備基金」は終了しました。

現在も、さまざまな形の寄付をお願いしています。ご協力をお願いします。


寄付金と支出の累計額(平成22年度〜平成29年度)

   大学経由寄付金額累計  14,333,000
   弓友会直納分累計  740,000
   合計 15,073,000 
   大学控除分累計 −1,435,800 
   支出額累計 −13,637,200 
   平成29年度末残額 0 


受付中の寄付

東大スポーツ振興基金

「東大基金」の中に「東大スポーツ振興基金」が設けられています。
Webページの下の方に、「その他の運動部へ寄付をする」部分があり、「弓術部」をクリックして寄付が出来ます。
寄付控除を受けられるメリットがあります。
寄付金のうち、15%が大学側で控除されます。

赤門弓友会への直接の寄付(お勧めです)

寄付金はすべて弓術部で使用出来ます。
寄付控除の対象にはなりません。

郵便振替口座、または、みずほ銀行の赤門弓友会宛に振り込んで下さい。
口座番号は、「繹志」62号の169ページを見るか、赤門弓友会(akamonqukai@hotmail.com)までお問い合わせ下さい。


赤門カードに入会する

赤門カード(UC)は赤門運動会と提携しているカードです。
赤門カードに入会すると、その利用額に応じた額が指定する運動部(弓術部)への寄付になります。
現在、弓術部OBの会員は32名で、累計で約53万円が弓術部で使用可能となっています(毎年、『繹志』で報告されています)。
入会は、インターネットで「赤門カード」と検索すると手続きがわかります。

トップページに戻る